ステージ上

M.O.P. ft Busta Rhymes, Teflon, Remy Martin - Ante Up Remix

#SaturdarNight

土曜は最高に盛り上がれるクラブ・バンガーを紹介

@dj_034

 

M.O.P.(エム・オー・ピー)にBusta Rhymes(バスタ・ライムス)…名前を聞いただけでも騒がしいメンバーで製作された超ウルサイw クラブ・バンガーである。

 

盛り上がってるダンス・フロアを一気に沸点まで持っていくのに最適な1曲で、当時はどこのクラブでも毎晩流れており爆発な盛り上がりを演出してくれる正にクラブ・バンガーとはこの曲の事。

 

M.O.P.はMash Out Posseの省略で、New YorkのBrooklyn出身のヒップホップ・ユニット。Lil Fame(リル・フェイム)とBilly Danzenie(ビリー・ダンジニー)の2人で結成されている。

 

Ante Upは2000年にリリースされた4thアルバム「Warriorz」に収録されており、その人気からRemixバージョンが発売されて更にヘビープレイされた名曲である。

 

MVも笑えるほど盛り上がってるから是非チェックしてみて!!

野球帽とスモーカー

Baby Keem & Travis Scott - Durag Activity

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Baby Keem(ベイビー・キーム)とTravis Scott(トラビス・スコット)の新曲”Durag Activity”が全米チャートにランクインし話題となっている。

 

Hip-Hop専門誌「XXL」が選ぶ注目新人「Freshman Class 2020」にNLE Choppa、Polo G、Jack Harlowらと共にピックアップされたのも記憶に新しい。

 

このXXLのFreshman Classは若手ラッパーの登竜門的な選出で、Hip-Hop界(音楽業界)では非常に大きな意味を持つ大事な新人賞みたいなもの。

 

Baby Keemはカリフォルニア州出身のラッパーでまだ若干20祭の若手ラッパーである。Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)の従兄弟ととしても有名。

 

今回紹介したい"Durag Activity”は性生活や、金や支配力などまさにヒップホップらしい事を歌っている。

 

今年の6月に発売予定のアルバム「The Melodic Blue」に収録予定で今からアルバムの内容に期待が高まるばかり。

マンハッタンに沈む夕日

Fabolous ft My Time - My Time

#MCM

月曜はオススメの男性アーティストを紹介

@dj_034

 

FabolousはNew YorkのBrooklyn、Bed-Stuy地区出身のラッパー。確かなラップ・スキルを武器にハードな曲はもちろん、憎いほどのイケメンっぷりから歌物メロー曲まで器用に歌いこなすラッパー。

 

2000年にミックステープ業界で大活躍していたDJ Clue?がプロデュースし売り出した。2001年のデビューアルバム「Ghetto Fabolous」がいきなり全米4位を記録し一気にスターダムにのし上がった。

 

今回紹介したい”My Time”は2009年にリリースされた5枚目のアルバム「Loco’s Way」に収録されており、発売当時はクラブでプレイすればかなり盛り上がったクラブ・バンガーである。

 

売れ行きも好調で全米チャート1位を獲得し名実ともに世界最高峰のラッパーとして歴史に名を刻んだ。

 

彼はマネージャーと何人かのデザイナーで「Rich Yung Society」と言うアパレルブランドを立ち上げT.I.が着用するなど、ほとんど宣伝してないにも関わらずストリート・カジュアル・ブランドとして一斉を風靡した。

燃えている

DJ Khaled ft Lil Baby & Lil Durk - Every Chance I Get

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

先日も紹介したDJ Khaled(ディージェイ・キャレド)の新アルバム「Khaled Khaled」から7曲も全米チャートにランクインされ話題をかっさらっている。

 

そもそも作品の名前が「DJ KhaledのKhaled Khaled」って瞬時に3回も自分の名前を言わしてしまう自己中ぶりは圧巻の一言w

 

Executive Producerに自身の幼い息子名義にしてしまったりやりたい放題w 実際にビートを作って無いとも噂され「ただ自分の名前を叫んでいる人」との悪い評判も多く聞く。

 

ただ、彼の人望から集まった豪華客演アーティストは並のプロデューサーでは出来ない圧倒的なヴォリューム感で現在では彼しか出来ない内容である。

 

時代を先読みした曲調や、客演陣の采配、2倍3倍増しに見えるプロモーション力、どれを取っても業界No.1との声も同時に聞く。

 

今回紹介したい"Every Chance I Get”は全米チャートで初登場20位を記録しておりまだまだ伸びそうな予感である。

拳銃と弾薬

Eric B. & Rakim - Juice (Know The Ledge)

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

今日紹介したい”Juice (Know The Ledge)”はヒップホップを語る上で外せない映画「Juice」の主題歌。 2 Pacが主演しスラム街のリアルな生活を描いた作品で、30年経った今でも語り継がれる名作である。

 

まだ観たことがない人は是非チェックして欲しい。「Juice 日本語字幕」

 

1992年発売のこの曲だが、当時はこのレコード盤がなかなか手に入らず、自身も白盤(ブート盤)でプレイしていた苦い思い出がある…。

 

ジャズ調なウッドベースにメチャ乗れるハイテンポなビートに、Rakimのスキルフルなラップが最高にかっこいい。当時から女の子ウケは悪かったがw 暑苦しいヘッズ達はここぞとばかりにめちゃくちゃ盛り上がった思い出が今でも忘れられない。

 

Eric B(エリック・ビー)はNew YorkのQueens出身で、Rakim(ラキム)はNew York州ロングアイランド出身のラッパーである。

 

1985年から音楽活動をスタートし、Nasなど後世のラッパー達にかなりの影響を与えて来たアーティストで、そのスタイルはギャングスタ・ラップでもなく、Run-DMCやKRS-Oneの様に訴えかける感じでもなく、話しかける様な超渋くてクールなスタイルだ。

 

1987年リリースのアルバム「Paid In Full」や、1990年発売の「Let The Rhythm Hit ‘Em」は、The Source誌が発表した採点(超厳しい事で有名)で「5本マイク(満点)」と認定された、正にHip-Hopクラシック。

 

今のヒップホップの礎を築いたと言っても過言ではないEric B. & Rakimをこの機会に是非チェックしていただきたい。

 

ビーチパーティー

Rihanna ft Drake - Work

#WCW

水曜はオススメの女性アーティストを紹介

@dj_034

 

Rihanna(リアーナ)はカリブ海に位置するバルバトス出身のシンガーシングライターである。

 

15歳の時にDef Jam RecordingsのCEOであるJay-Z(ジェイ・ジー)にその才能を認められ契約しアメリカに拠点を移した。

 

2005年に”Pon De Replay”鮮烈なデビューを飾り、いきなり全米チャートにランクインする活躍を見せる。

 

その後、立て続けに作品をリリースし一躍スターダムの階段を駆け上がった。その後は常に第一線で活躍し、彼女が「流行自体を作っている」と言っても過言じゃないほどの影響力を発揮している。

 

音楽以外にも女優やモデル、ファッションデザイナーとしても活躍し若者のトレンドアイコンとして絶対的な支持を得ている。

 

今回紹介したい”Work”は、なんと元彼のDrakeを客演に迎えなんともエロちっくな内容の楽曲をリリースしている。

 

Workとは仕事を意味するのではなく、夜のお仕事を意味するスラングで「別れるべきなのはわかっているけど、彼とのWorkが止められないの」と歌っている。

夜道

Eminem - Lose Yourself

#MCM

月曜はオススメの男性アーティストを紹介

@dj_034

 

今まで100個ほどコラムを書いてきたが、まだEminem(エミネム)について綴ってない事がずっと気がかりだった。

 

世界最高峰のラッパーとの呼び声が高く、黒人主体のヒップホップ・カルチャーに白人にして大きな風穴をあけ絶大なプロップスを受けているラッパーはEminem以外には居ない。

 

桁外れのラップスキル、情け容赦ない歌詞の内容、アンチヒーローの鎧をまとったアーティスト性、白人と言うハンデを背負いながらトップまで成り上がった背景、どれを取っても彼にかなう物はおらず、彼こそ唯一無二のスーパースターである。

 

Eminemはミズーリ州で生まれ、ミシガン州デトロイトで育った。彼はSlim Shady(スリム・シェイディ)と言う道化師の別人格が存在するとし歌詞にも頻繁に出てくる。

 

その人気はアメリカ全土にとどまらず世界中にファンを持つ。彼のアルバム&シングルは、なんとっ!!2億2000万枚以上売れており、これは最も売れたラッパーである。

 

今日紹介したい”Lose Yourself”を語る上では、まず映画「8 Mile」を観て欲しい。予告編のリンクを付けておきます。自身も5回ほど観たが毎回震えるほど胸熱になる最高な映画である。

 

“Lose Yourself"この映画の主題歌で、全米チャートでは12週も連続で1位になり続け、世界で1番有名なヒップポップと言っても過言じゃないほど。

 

映画を観た上で是非"Lose Yourself”を日本語字幕で観て欲しい。ただ曲としても良い曲だが映画とリンクし最高に感動する曲な事が分かる。

室内プール

Young Thug & Gunna - Ski

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Young Thug(ヤング・サグ)とGunna(ガンナ)が率いるレーベルのYoung Stoner Life(ヤング・ストーナー・ライフ)がコンピレーション・アルバム「Slim Language 2」をリリースし話題騒然となっているが、中でも”Ski”が注目を集めている。

 

特に話題になっているMVは、New YorkのBrooklynを拠点とするアーティストのOmar Jones(オマール・ジョーンズ)が監督を務めており、かなり斬新で見応えのある映像に仕上がっている。

 

T-Shyne、Strick、Lil Duke、Swae Lee、Nav、DK Metcalf、Dorien B. Scott、Fur-Quan Powell、Camyra Franklin、Zion Cotter、Jackson Myles Chavisなどスポーツ選手や有名なTikTokダンサーなどが集った豪華なMVになっており、意図的に話題を作った?感もあるが同時期にリリースされたDJ Khaledのアルバムに引けを取らず目立っている。

 

この曲収録の「Slim Language 2」から何曲も全米チャートにランクインされており秀逸な作品になっているので是非ともアルバムを通してチェックして欲しい。

ニューヨーク市

Naughty By Nature - Hip Hop Hooray

#SaturdarNight

土曜は最高に盛り上がれるクラブ・バンガーを紹介

@dj_034

 

この曲は1992年にリリースされた3rdアルバム「19 Naughty Ⅲ」に収録されてる最強クラブ・バンガー!! 30年経った今でもHipHop曲で一番盛り上がると言っても過言じゃないと思う。

 

Naughty By Nature(ノーティー・バイ・ネイチャー)はニュージャージー州出身のアーティストで、New York Cityには川1本挟んだだけでほど近く、彼ら活動の拠点はNew Yorkでも盛んに行われた。

 

1996年頃から活動を始め、メンバーはTreach(トレッチ)、Vin Rock(ヴィン・ロック)、DJ Kay Gee(ディージェイ・ケイ・ジー)の2MC、1DJとの形で活躍した。

 

乗りやすいビートに軽快なRapを乗せたスタイルが主流でどちらかと言うとライトなヒップホップな印象。彼らはこの曲以外にも有名な楽曲を数々排出している。

 

“OPP”

“Everything’s Gonna Be Alright”

“Jamboree”

“Uptown Anthem”

 

当時はこの曲あたりを文字通りレコード盤が擦り切れるほどプレイした懐かしい思い出がある。

 

最近クラブに来始めた若い子でも、生まれる前のこの曲で「ヘーイ!!ホー!!」と手を振って盛り上がっている姿をみると胸が熱く嬉しい気持ちになる。

 

是非とも皆さんもこの曲を耳にしたら盛り上がっていってください。

夜の街

Joyner Lucas & Lil Baby - Ramen & OJ

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Joyner Lucas(ジョイナー・ルーカス)がLil Baby(リル・ベイビー)を客演に迎えリリースした"Ramen & OJ”が話題となり全米チャートを騒がせている。

 

Joyner LucasはEminem(エミネム)も認めるリリシストなアーティストで、マサチューセッツ出身のラッパーである。

 

Lil Baby(リル・ベイビー)はアトランタ出身のラッパーで現在最も人気と勢いがあるアーティストと言っても過言ではない。

 

この組み合わせだけで生唾ものだが、かなりノレる今っぽいDopeなビートに、スキルフルに歌う2人のラップもバッチリはまっている。

 

少し前にKanye West(カニエ・ウエスト)から戦車(のようなトラック)をもらっており、写真を上げて話題となっていた。同じ様にChris Brown(クリス・ブラウン)やPlayboi Carti(プレイボーイ・カルティー)も貰っており、理由は不明であるw

 

今回紹介したい”Ramen & OJ”は自作スタジオアルバムのリードシングルなようで、まだ情報は発表されてないが近々発売予定?のアルバムが待ち遠しい。

ワインデート

H.E.R. ft Chris Brown - Come Through

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

今年のグラミー賞で2部門で受賞を果たしたR&BシンガーのH.E.R.(ハー)がChris Brown(クリス・ブラウン)を客演に迎えた新シングル”ome Through”が、めっちゃ大人なR&Bだと話題になっている。

 

H.E.R.はカリフォルニア州出身のシンガーソングライターで、まだ若干23歳で今後が大いに期待できる将来有望なR&Bアーティストとの呼び声も高い。

 

R&Bシンガーとしては売れっ子で先輩にあたるChris Brownとは実はもう過去に2回もコラボしており今回が3作品目になる。1度目はH.E.R.の作品にChris BrownがRemix参加し、次はChris Brownからアルバムに誘う形となりまさに相思相愛である。

 

3度共演しているが1度もMVは制作されていないから今度こそは作って欲しいなぁ..と思っていた所、本日YuouTubeにMVが発表されました!! なので前倒しで今日の記事にしましたw

 

ばっちりChris Brownも出演しており、大人っぽいいい仕上がりになっている。是非チェックして欲しい。

 

2018年からグラミー賞の常連となり、その評価はうなぎ登りかなり高い事が見て取れる。

 

アルバムの近々発売!! と匂わすような投稿もInstagramでしており、2022年のグラミー賞を揺るがす作品だろうとの前評判で言葉通り待ちきれない。

未来の女性兵士

Kanye West - Stronger

#MCM

月曜はオススメの男性アーティストを紹介

@dj_034

 

Kanye West(カニエ・ウェスト)はシカゴ出身のラッパーであり、名プロデューサーでもある。

 

2000年代に入ると重鎮のJay-Zに才能を見出されプロデューサーとしてRoc-A-Fella Records(ロッカフェラ・レコード)と契約し、数々のHIT曲を世に送り出す。

 

彼自身はラッパーとしてのデビューを熱望しており2004年にアルバム「The College Dropout」で、ついにデビューを果たす。なんと全米2位を記録し、グラミー賞にはラッパーとしてとプロデューサーとしての両方で10部門もノミネートされ、3部門を受賞する大旋風を巻き起こした。

 

ファッション・デザイナーとしても活躍しており、自身がファッション・アイコンとして皆に真似されるどころか、世界の流行を変えてしまうほどの影響力を持っている。ヒップホップ=ダボダボなオーバーサイズ・スタイルから、細身なスキニーパンツなどが主流になったのは彼の影響が大きい。

 

世界中でAir JordanやNIKEのスニーカーが席巻する中、adidasと契約しYeezy Boostを大流行させたのも記憶に新しい。

 

最近では大統領選へ出馬するなど話題は尽きない。

 

今回紹介したい”Stronger”は2007年にリリースされた3rdアルバム「Graduation」に収録されており、売り上げは500万枚以上でプラチナ・レコード認定を受けている。

レコードストア

Major Lazer ft Aya Nakamura & Swae Lee - C'est Cuit

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Major Lazer(メジャー・レイザー)とは、21世紀のダンス・ミュージック・シーンを牽引するスーパープロデューサーのDiplo(ディプロ)を中心に結成された最強ユニット。

 

音楽性は分かりやすく言うならデジタル・レゲエといったところ。ダンスホール・レゲエにEDMやダブステップ要素などを取り入れ、唯一無二の音楽性でHITを飛ばしている。

 

元々はDiploがレゲエが好きで作りたいからSwich(スウィッチ)と2人で始めたユニット。今は音楽性の違いからSwichは抜け、Jillionaire(ジリオネア)とWalshy Fire(ウォルシー・ファイア)が加入し3人で活動中。

 

Major LazerのHIT曲と言えば

 

“Lean on ft MØ & DJ Snake”

“Cold Water ft Justin Bieber”

“Which Out For This (Bumaye) ft Busy Signal, The Flexican & FS Green”

 

が有名。特に”Lean On”はYouTubeの再生回数が30億回を超えておりダンス・ミュージック界の快挙である。

 

最近では更に音楽性の幅を広げ、アフロ・ビーツも頻繁に作っており、アフリカ大陸からも絶大な支持を受けている。

シカゴ

Nelly ft St. Lunatics - Ride With Me

#SaturdarNight

土曜は最高に盛り上がれるクラブ・バンガーを紹介

@dj_034

 

Nelly(ネリー)はテキサス州に生まれ、ミズーリ州セントルイスでドラッグとギャングに囲まれて粗悪な環境で育った。

 

実は野球がかなり上手くてプロ野球選手になる寸前まで行くが、地元仲間で結成されたSt. Lunatics(セント・ルナティクス)と共にプロのラッパーになる道を選ぶ。

 

2000年発売のデビュー・アルバム「Country Grammar」は1年以上全米チャートにランクインし続け、世界中で1000万枚以上売れダイヤモンド・レコードの認定を受ける。

 

このアルバムの3rdシングルとしてリリースされ世界中のナイト・クラブでヘビー・プレイされまくった。

 

今でもたまにプレイするが、やはり盛り上がる!! サビの「Hey, Must Be The Money」のフレーズは有名で20年経った今でもフェーダーを切ってオーディエンスの合唱が聞けるほど。

 

土曜の夜はNellyの曲でアッパーに盛り上がれ!!

抗議の看板

Public Enemy - Fight The Power

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

Public Enemy(パブリック・エネミー)はNew Yorkのロングアイランド出身のヒップホップ・グループ。PE(ピーイー)と呼ばれる事も多い。

 

メンバーはChuck D(チャック・ディー)、Flavor Flav(フレイバー・フレイブ)、Professor Griff(プロフェッサー・グリフ)、DJ Terminator X(ターミネーター・エックス)、DJ Load(ディージェイ・ロード)、Khari Wynn(カーリー・ウィン)からなる。

 

社会、政治問題について強烈に訴えるスタイルが有名で、音楽を通して問題定義し改革を働きかけるヒップホップ界の革命家である。

 

特に有名な曲が1989年リリースの”Fight The Power”で、簡単に説明すると「権力に屈するな、戦おう」と歌っており、その歌詞が非常に興味深いので"Fight The Power 和訳”をリンクしておきます。是非御覧ください。

 

BLM運動が盛んな今、長い歴史と共にこの運動のテーマ・ソングにも使われる事が多いこの曲を是非聴き意味を理解して欲しい。

 

Spike Lee(スパイク・リー)監督の映画「Do The Right Thing」で主題歌として使われており、まさに歌詞の内容を物語化した名作なのでこちらも絶対チェックして欲しい。

 

警察によるGeorge Floyd(ジョージ・フロイド)殺害事件により再度激化したBLM運動はご存知だと思うが、運動を後押しすべく豪華客演を迎え”Fight The Power Remix 2020”がリリースされた。

 

夜明けタイムズスクエア上記超高層ビル

Alicia Keys - Empire State Of Mind (Part2) Broken Down

#WCW

水曜はオススメの女性アーティストを紹介

@dj_034

 

Alicia Keys(アリシア・キーズ)はNew Yorkのマンハッタンで生まれ育ち、7歳からピアノを始めクラシックからジャズまで幅広く音楽を学ぶ。

 

学業と同時に歌唱のレッスンもこなしながら16歳で地元高校を首席で卒業し、コロンビア大学に入学するも音楽活動に専念する為すぐに中退。

 

2001年に「Songs In A Minor」は凄いインパクトと共に1200万枚を売り上げた。

 

今回紹介したい”Empire State Of Mind (Part2) Broken Down”は元々"Jay-Z ft Alicia Keys - Empire State Of Mind”とリリースされ、そのAlicia Keysのみのバージョンとして4枚目のアルバム「Element Of Freedom」に収録された。

 

New York出身の彼女が、主にマンハッタンの魅力や現実を歌った秀作。”Alicia Keys - Empire State Of Mind (Part2) 日本語和訳”をリンクしておくので是非とも歌詞の内容も体感してみて欲しい。

 

合わせてマンハッタンのど真ん中タイムズスクエアでJay-Zを迎えて行ったライブも鳥肌ものです。是非こちらも御覧ください。

アーバンサンセット

Busta Rhymes ft Mariah Carey - Where I Belong

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Busta Rhymes(バスタ・ライムス)が昨年末にリリースした10枚目のアルバム「Extinction Level Event 2 : The Wrath Of God」に収録の”Where I Belong”のMVを公開し話題となっている。

 

Busta RhymesはNew YorkのBrooklyn出身のベテランラッパーで、The Notorious B.I.G.(ザ・ノトーリアス・ビーアイジー)

とJay-Z(ジェイ・ジー)と3人同じ高校に通っており、学生時代にはカフェテリアでラップ・バトルを繰り広げていたのは有名な話。

 

キャリアの長さだけでも物凄さがあるが、彼は90年代から常にヒップホップ・シーンの最前線で活躍し続け現在2021年に至る。楽曲のリリースが無い年なんてほぼ無く、客演参加も多数しており30年近くも輝き続けている賞賛すべきアーティスト。

 

今回紹介したい”Where I Belong”はMariah Carey(マライア・キャリー)が客演しており、2人の物語は20年前に遡り2002年の2人にとっての大HIT曲"I Know What You Want"以来のコラボが実現した。

NYサイン

A Tribe Called Quest - Check The Rhime

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

A Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト)はNew YorkのQueens出身のラップグループで、主に90年代にヒップホップ・シーンの最前線で活躍。

 

名前が長いのでATCQと書かれたり呼ばれたりする事もある。

 

メンバーは、Q-Tip(キュー・ティップ)、Phife Dawg(ファイフ・ドーグ)、Ali Shaheed Muhammad(アリ・シャヒード・ムハマド)、Jarobi White(ジェロビ・ホワイト)の4人で、Jungle Brothers(ジャングル・ブラザーズ)やDe La Soul(デ・ラ・ソウル)やCommon(コモン)やQueen Latifah(クイーン・ラティファ)やMos Def(モス・デフ)らと共に結成されたNative Tongues(ネイティブ・タン)と呼ばれる集団に所属していた。

 

今日紹介したい“Check The Rhime”はアルバム「The Low End Theory」に収録されており、このアルバムはThe Source誌が発表した採点(超厳しい事で有名)で「5本マイク(満点)」と認定された、正にHip-Hopクラシック。

 

ATCQの残した名曲と言えば

 

"Award Tour”

“Jazz (We’ve Got)”

“Oh My God”

“Electric Relaxation”

“Can I Kick It?”

“Bonita Applebum”

“Scenario”

 

が有名。名曲揃いなんで、是非こちらもチェックしてみて欲しい。

 

拳銃と弾薬

Moneybagg Yo - Shottas (Lala)

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Moneybagg Yo(マネーバッグ・ヨー)はBig Bagg(ビッグ・バッグ)と呼ばれる事も多く、テネシー州メンフィス生まれの現在29歳のラッパー。

 

Moneybagg Yoが最新アルバム「A Gangsta’s Pain」収録”Shottas (Lala)”のMVをリリースして全米チャートをグングン登っている。

 

ジャマイカのキングストンを舞台に銃撃戦を繰り広げる映画顔負けのMVに仕上がっておりかなり見応えのある作品になっているので是非観て欲しい。

 

彼名義の楽曲としては

 

“Time Today”

“Shottas (Lala)”

“Go!”

“Hold For The Next”

“If Pain Was A Person”

“Wockesha”

“Free Promo”

“Just Say Det”

“Clear Da Air”

 

が全米チャート(Billboard Hot100)にランクインされており現在もっとも旬なアーティストといっても過言ではない。

プライドカラーの3Dボール

Iggy Azalea & Tyga - Sip It

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Iggy Azalea(イギー・アゼリア)がTyga(タイガ)を客演に招いた新曲”Sip It”のMVを発表し話題となっている。

 

Iggy Azaleaはオーストラリア出身のフィメール・ラッパーで2010年代にHITを飛ばしまくり一躍時の人となった大人気アーティスト。

 

今回紹介したい”Sip It”のMVは冒頭に「光過敏症てんかん患者の発作を起こす可能性がある」と注意書きされており、かなり蛍光色のキツイ映像になっている。

 

彼女の関わる楽曲で有名な曲は

 

"Ariana Grande ft Iggy Azalea - Problem"

“Iggy Azalea ft Charli - Fancy”

"Wiz Khalifa ft Iggy Azalea - Go Hard Or Go Home”

"Iggy Azalea ft Rita Ora - Black Widow”

 

この辺りが有名。

 

かっこいい楽曲も多数あるので是非合わせてチェックしていただきたい。

水上スキー

Internet Money ft Lil Tecca & Lil Mosey - JETSKI

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Internet Money(インターネット・マネー)はLos Angelesにあるめっちゃデカイ家にプロデューサーやアーティストが大勢で生活し、もちろんスタジオもあり、もはや音楽工場と化しているそんな場所でHIT曲を量産している集団達の事である。

 

プロデューサー集団であり、企業であり、レーベルの要素も兼ね備えている彼らの新しいビジネススタイルは、情報が超高速化している現在の音楽業界では最も理にかなったやり方なのかもしれない。

 

そんな彼らがNew YorkのQueens出身で現在18歳のLil Tecca(リル・テッカ)と、ワシントン州シアトル出身で現在19歳のLil Mosey(リル・モジー)と若い2人を客演に迎えてリリースした”JETSKI”がジワジワと流行って来ている。

 

歌詞の内容は、ラップゲームで稼いだ大金で手に入れたダイヤモンドや高級ブランドの服、大勢の群がる女性の事を歌っており、同時に彼らの名声に群がろうとしてくる輩の事も歌っている。

 

世界中でHITを飛ばすプロデューサー集団に、これから間違いなくシーンを牽引していくラッパーを起用したこの楽曲を是非ともチェックしていただきたい。

トランプカード

DJ Khaled ft Nas, Jay-Z & James Fauntleroy & Haemonies by The Hive - Sorry Not Sorry

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

DJ Khaled(ディージェイ・キャレド)の最新アルバムが熱い!!

 

マイアミの中心人物DJ Khaledの最新アルバム「Khaled Khaled」が突如サプライズ・リリースされ話題を独占している。

 

同時に 収録されている”Sorry Not Sorry”のMVも同時に公開された。

 

New Yorkヒップホップ界の王と呼ばれるNasとJay-Zが奇跡の共演を果たした事で宣伝効果も抜群であったと思う。流石、派手に魅せるのが上手いDJ Khaledらしいやり方だなと思う。

 

派手に魅せるのが上手いと言ったが、今回リリースされたアルバムは正にド派手で、客演アーティストだけで圧巻のメンバー。

 

Lil Wayne, Jeremih, Lil Baby, Lil Durk, Cardi B, H.E.R., Migos, Post Malone, Megan Thee Stallion, DaBaby, Justin Bieber, 21 Savage, Bryson Tiller, Roddy Ricch, Drake, A Boogie Wit Da Hoodie, Big Sean, Rick Ross, Puff Daddy, Nas, Jay-Z, James Fauntleroy, Haemonies, Justin Timberlake, Meek Mill, Buju Banton, Capleton, Bounty Killer, Barrington Levy

 

豪華すぎて笑えるほどの客演。

 

ただアーティストが豪華なだけじゃなく、ビートのネタ使いが大胆で「あの名曲をこんなアレンジに…」との楽しみ方も出来、ヒップホップ・ファンには懐かしいと思える曲もチラホラ。

 

アルバム通して楽しめる内容になっているので是非とも全曲チェックして欲しい。

ドル札

42 Dugg & Roddy Ricch - 4 Da Gang

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

今日紹介したい曲は、デトロイトの暴れん坊こと42 Dugg(フォートゥー・ドゥグ)の新曲”4 Da Gang”が大躍進を遂げているので触れておきたい。

 

2020年に自身のミックステープ「Young & Turnt, Vol.2」をリリースしたのはもちろん、Lil Babyのアルバムに参加したり、最近大きな動きが目立つようになってきた。

 

若手ラッパーなイメージだが、年齢は意外に26歳。というのも15歳から22歳まで服役しており、血気盛んな青春時代をほとんど獄中で過ごす事になってしまった。

 

刑務所内で暇つぶしにラップを始めたようで彼のキャリアは壮絶な生活の中からスタートした。

 

釈放されてから本格的に音楽活動をスタートし、ストリートでメキメキ頭角を現わす。後にLil Babyの目にとまりCMGとの契約に成功。

 

現在はトップ・アーティストとして活動中だが、2020年だけでも3月と8月と2回も逮捕されており悪ガキぶりは未だ健在です。

 

“4 Da Gang”は全米チャートにもしっかりランクインされており42 Duggの人気はうなぎのぼりです。

 

今後シーンを引っ張って行く重要なアーティストになる事間違いないので今からチェックしておいたほうがいいでしょう。

タトゥーアーティスト -  BW

Kevin Gates - Big Gangsta

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Kevin Gates(ケビン・ゲーツ)はルイジアナ州のバトン・ルージュ出身のラッパーで、全身タトゥーのイカツイ風貌がなんとも印象的。

 

短くない彼のキャリアは2007年からはじまる。ただ日の目を見だしたのは2013年から。Rolling Stone誌で「20 Best Hip-Hop Albums of 2013」に選ばれついに報われる。

 

2014年にはHip-Hop専門誌「XXL」が選ぶ注目新人「Freshman Class」に選ばれ更に勢いが増したのも印象的だった。

 

今回紹介したい”Big Gangsta”はアルバム「Only The Generals Gon Understand」に収録されており、現在全米チャートにもランクインされており話題を生んでいる。

 

この作品は2019年の作品だが、3ヶ月ほど前からTikTokの影響で再燃しチャートをグングン上がっている。

 

彼の楽曲としては

 

"2 Phones”

“Really Really”

“Payback”

 

が有名。合わせて是非チェックしていただきたい。

ロサンゼルス

2Pac ft Dramacydal - Me Against The World

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

後にも先にも彼ほど人気と実力を兼ね備えたラッパーは居ないと皆は言う。

 

2PacはNew YorkのHarlemで生まれ、ブラックパンサー党の党員だった両親の元でハードな生活を送り、幼少期は引っ越しが多くブロンクスやブルックリンのスラム街で過ごす。

 

1988年には拠点を西海岸に移し音楽活動をスタート。1991年にラップでデビューをし、翌年は映画の「Juice」に俳優としてもデビューを果たし注目される。

 

持ち前のカリスマ性と実力で即座にウエスト・コースト・ヒップホップの中心人物になり、ギャングスタラップが主流だった西海岸では珍しく、社会問題や女性や子供などの社会的弱者の問題を歌うなど、知的で繊細なラップスタイルを持つ唯一無二のアーテストだった。

 

今回紹介したい”Me Against The World”は1995年にリリースされた同名アルバム「Me Against The World」に収録されており、このアルバムはThe Source誌が発表した採点(超厳しい事で有名)で「5本マイク(満点)」と認定された、正にHip-Hopクラシック。

 

このアルバムは当の本人は服役中にリリースされた作品で、タイトルを訳すと「世界に背く俺」となり、この作品をきっかけにタイトル通り2Pacは皆の知る攻撃的で凶暴な2Pacに豹変した。

 

当時、日本でDJをしていた私もこの豹変ぶりには正直驚いた。もちろん元々彼は凶暴な一面は持ち合わせていたのは知っていたが、Suge Knightのレーベルと契約したからか、ビジネス的になのか、全面に凶暴っぷりを出して東海岸代表で元親友のThe Notorious B.I.G.と対立していく様はかなり混乱したのを覚えている。

 

1996年に銃弾を受け2Pacはこの世を去った。西は2Pac、東はThe Notorious B.I.G.が亡くなりHip-Hopの歴史上最悪な東西抗争は幕を閉じた。

 

2Pac, Rest In Peace.

 

=?UTF-8?Q?Royal_Alca = CC = 80zar_of_Sev

Young Thug & Gunna ft Drake - Solid

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Young Thug(ヤング・サグ)とGunna(ガンナ)が率いるレーベルのYoung Stoner Life(ヤング・ストーナー・ライフ)がコンピレーション・アルバム「Slim Language 2」をリリースし話題騒然となっている。

 

とゆうのも客演参加アーティストが超豪華でHip-Hop界のオールスターといった顔ぶれ。

 

軽く名前をあげるとDrake、Travis Scott、Lil Uzi Vert、Kid Cudi、Big Sean、Lil Baby…など

 

全米チャートの上位を占める常連たちがズラリと並ぶ反則技をやってのけた。ESPNと言うアメリカでは超有名なスポーツ専門チャンネルでも「このロスターは、まさにオールスターだ!!」とスポーツに関係ないのに宣伝してしまうほどw

 

この豪華なメンツで、曲数もなんと23曲と2枚組レベルのボリューム感。

 

“Solid”はもちろん、それ以外にも複数曲が全米チャートにもランクインされており、現在最も旬なアルバムと言っても過言ではないのでアルバム通してチェックしよう。

バイクのタイヤ

Bad Bunny & Jhay Cortez ft. J.I The Prince Of N.Y - Dakiti Remix

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Bad Bunny(バッド・バニー)はプエルトリコ出身の歌手でありラッパーとしても有名。主にスペイン語を使用するラテンアーティスト。

 

音楽をジャンルで区切るのはあまり好きではないが、彼はレゲトン界でのプロップスは高く、ラテン・トラップ(スペイン語のTrap)というレゲトンのサブジャンルでは牽引者でありその影響力は計り知れない。

 

その人気は非常に高くアメリカのHip-Hopアーティスト達からも引っ張りだこで数々のHIT曲を残している。

 

“Card B ft Bad Bunny & J Balvin - I like It”

“Bad Bunny ft Drake - MIA”

 

など、世界的なHITも頻繁に出している。

 

2020年11月に3rdアルバム「El Último Tour Del Mundo」をリリース。この作品に収録されている”Dakiti”は全米チャートで8位を記録しており、日本のナイトクラブでも頻繁に耳にし大いに盛り上がる。

 

今回紹介したい曲はこのRemixで飛ぶ鳥落とす勢いのJ.I The Prince Of N.Yを客演に迎えている。彼の楽曲としては”Need Me”がオススメなので合わせてこちらも是非チェックしてみて欲しい。

 

彼のキャリア的にも現在は絶頂期にも関わらず、本人は引退をささやいており(CDを売るための宣伝かも)居なくなる前に是非とも体感して欲しい。

レッドロブスター

Dua Lipa - We’re Good

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Dua Lipa(デュア・リパ)はイギリスのロンドン出身のシンガーで、世界中で凄い人気のあるアーティスト。

 

彼女の世界的HITになった2ndアルバムの再発デラックス盤「 Future Nostalgia: The Moonlight Edition」からのリード・シングルが話題になっている。

 

この2ndアルバムは2020年8月に1度リリースされており、4曲追加され2021年2月に再販された。

 

昨年11月に「Stadio2054」とのオンライン配信ライブを行い500万人以上が視聴し有料配信ライブの新記録を樹立しており、中国から190万人以上、インドからも95000人が視聴し世界中からプロップスを受けていることを証明。

 

現在、MVリリースも相まって全米チャートの上位に食い込みその勢いはとどまる事を知らない。

ドル

Lil Tjay ft Offset & Moneybagg Yo - Run It Up

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Lil Tjay(リル・ティージェイ)が、大人気グリープMigos(ミーゴス)に所属するOffset(オフセット)と、飛ぶ鳥落とす勢いのMoneybagg Yo(マネーバッグ・ヨー)を客演に迎え新曲”Run It Up”をリリースし早くも全米チャートを賑わせている。

 

Lil TjayはNew York Cityのサウス・ブロンクス出身で、現在19歳の若手Rapperである。

 

若い!! 大学1年生の年ですね。今後が大いに期待できるアーテストですが、ストリート育ちの彼は少年院上がりの悪ガキで悪さをしてまた刑務所なんかに入らないか心配です。

 

今回紹介したい"Run It Up”は今月発売された最新アルバム「Destined 2 Win」に収録されており、21曲入りのボリューム満点のこの作品は、Lil TjayのPopセンスが光る作品で非常に聴きやすい話題作になっている。

コズミックピンク

Doja Cat ft SZA - Kiss Me More

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Doja Cat(ドージャ・キャット)がSZA(シザ)を客演に迎え最強タッグで明るくノれる楽曲”Kiss Me More”をリリースされ話題になっている。

 

Deja Catはロサンゼルス出身ラッパー兼シンガーで、“Say So”などの大HIT曲を多数リリースしており、今年のグラミー賞も3部門もノミネートされるなど旬なアーティスト。

 

2週ほど前にアップされたミュージック・ビデオは宇宙をテーマに、エイリアン風な2人が登場する見応えバッチリな映像に仕上がっている。オチも見逃せないので是非MVをチェックして欲しい。

 

夏頃についにリリースされる予定のスタジオ・アルバム「Planet Her」のシングル・カットとしてリリースされバッチリ全米チャートにランクインされている。

 

今年も目が離せない年になりそうなDoja Catを今のうちから是非チェックを。

audienceb

Polo G - Rapstar

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Polo G(ポロ・ジー)は今最も熱いエリアともっぱらの噂のシカゴを代表するラッパー。

 

祝!! 全米チャート初登場1位!!

 

Polo Gは今最も熱いと言っても過言じゃないアーティストです。知らない方がいたら今すぐチェックをお勧めします。

 

今回紹介したい“Rapstar”は、アルバム「Hall Of Fame」に収録予定のシングルカット。

 

歌詞の内容はシカゴのラッパー定番の金に車に女に…タイトル通りRapstarについて歌いかなりヒップホップらしい内容に仕上がっている。

 

Syncoと共にウクレレ奏者としても知られるEiner Bankzがプロデュース。MVの冒頭で「なぜウクレレ?」ってなった方はコレが理由ですw

 

アルバム発売も楽しみにしつつ、今から始まるPolo Gの大旋風に期待が高まるばかりです。

ヴィンテージカー

Dr. Dre ft Snoop Dogg - Still D.R.E.

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

Dr. Dre(ドクター・ドレ)と言えばHip-Hopと言う分野で最も影響力があり、特に西海岸ではウェスト・コースト・ヒップホップのシーン自体を作ったと言っても過言ではないほどの重要人物。

 

まず彼を語る上で外せないのが伝説のRapグループN.W.A.の存在。彼は初期メンバーであり中心人物として参加し、Hip-Hop不毛の地ロサンゼルスにギャングスタ・ラップを確立し、LAのみならずアメリカ全土を超え世界から絶大なプロップスを得た。

 

N.W.A.脱退後1992年に世界一の名盤⁈とよばれる「The Chronic」をリリース。P Funkをネタに高音シンセの旋律とSnoop Doggの様なユルめのRapが乗るとゆうウェスト・コースト・ヒップホップの代名詞とも言えるG Funkを確立させる。

 

すかさずSnoop Doggの1stアルバム「Doggystyle」をプロデュースし、このアルバムで全米チャート1位を獲得。

 

この後、ご存知2Pacをプロデュースし名盤「All Eyez On Me」に一役買う。1999年にはデトロイトのラッパーEminemをプロデュースし大HITさせる。

 

同年すかさず自身のアルバム「2001」をリリース。今回紹介したい”Still D.R.E.”はこのアルバムに収録されている。

 

先に紹介したアルバム「The Chronic」「Doggystyle」「All Eyez On Me」「2001」は、The Source誌が発表した採点(超厳しい事で有名)で「5本マイク(満点)」と認定された、正にHip-Hopクラシック。4作品も!!コレは本当に凄い事。

 

私自身は長いDJ人生でNew YorkのHip-Hopが大好きでしょうがなかったが、そんな自分でもDre. Dreの動向からは目が離せず彼のレコードはかなり沢山買い込んだ記憶がある。

 

特に影響を受けたのは上記「Up In Smoke Tour」これはDr. Dreが行ったライブ・ツアーの映像でDVDとして発売された。画面越しに伝わってくる”熱”と完成されたライブ・セット、自分が長年感じて来たHip-Hopのイメージをはるかに超えており、今でも見ると熱い気持ちになる。映像の1部がYouTubeに上がっていたのでリンクを載せて置きます。ぜひご覧ください→「Up In Smoke Tour」

 

ネオン

Twenty One Pilots - Shy Away

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Twenty One Pilots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)はオハイオ州で結成された2人組のロックバンドで、TØPと表記される事もある。

 

2015年に“Stressed Out””Ride”を大HITさせ、その勢いのまま大人気映画「Suicide Squad」のサウンドトラックに収録された”Heathens”が全米チャート最高2位を記録。再生回数も16億回を超える大人気ぶり。

 

彼らは唯一無二の音楽性をもっており、ヒップホップの影響を大胆に取り入れた風変わりなモダン・ポップ・ロックは新鮮で皆のハートを鷲掴みにした。

 

今回紹介したい"Shy Away”は3年ぶりの新アルバム「Scaled And Icy」からの1stシングルで話題となっている。

 

前アルバム「Trench」がプラチナ認定を受けた傑作だっただけに今回も期待が高まるばかりで発売の5月21日が待ち遠しい。

ニューヨーク事務所

Pop Smoke - What You Know Bout Love

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

New YorkのBrookryn出身の今は亡き伝説のラッパーPop Smoke(ポップ・スモーク)の”What You Know Bout Love”が、31週に渡ってロングランヒット中なので是非とも紹介させて欲しい。

 

2020年7月にリリースされた大ヒットアルバム「Shoot for The Stars, Aim Know Bout Love」に収録されており5枚目のシングルカット。

 

生前の楽しそうに友達や家族と過ごしている生き生きとした未公開映像や、未公開ライブ映像、スタジオのレコーディング風景、ファンのTikTok動画の映像などを交えたMVも4ヶ月ほど前に公開され、今もチャートから落ちる気配すら感じない。

 

MVの最後に「誰がこんな事聞く必要があるか知らないけど”お前なんかに何もできやしない"なんて誰にも言わせるな。やりたい事があるならただやればいい。振り返るな」と熱いセリフを残している。

 

この曲の元ネタは2001年発売の”Ginuwine - Differences”で、この曲も当時凄い流行り朝方のナイトクラブには定番だった名曲中の名曲。

 

Pop Smokeと言えばゴリゴリのブルックリンドリルのイメージだが、こういう歌モノまで渋く歌ってしまう彼の才能は計り知れない。

 

20歳と若く才能あふれるアーティストを失ったHip-Hop界は、亡くなった後で、その彼の存在の大きさに気付かされた。今でも「まだ生きてたら」と考えてしまう。

 

Pop Smoke, Rest In Peace.

ビーチパーティー

Mooski - Track Star

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Mooski(ムースキー)はアラバマ出身で、現在は23際の若手ラッパー。

 

彼は2020年にこの曲をYouTubeにアップし、2021年に入ってから主にTikTokを中心にバズり、New Yorkのラジオでもヘビープレイされ、日本のナイトクラブでも良く聴く耳馴染みな曲。

 

歌詞の内容は、恋愛関係が上手くいかない彼女の事を歌っており「彼女は上手くいっている時だけ恋人(俺)をそばに置き、上手くいかなくなると陸上選手(Track Star)の様に走り去ってしまう」こんな風に歌っておりなんとも悲しい歌詞。

 

元々、米軍の海軍で日本に配属され、しばらくは住んだ事もある様で、一気に親近感が増したw

 

その後、帰国し本格的に音楽活動を始めたようです。

 

4月に入ってオフィシャルMVもリリースされ、更に勢いが増して流行っているので是非ともチェックして欲しい。

レノックス&マルコム

Black Rob - Whoa!

ご冥福をお祈りします。

@dj_034

 

Black Rob(ブラック・ロブ)はNew YorkのEast Harlem出身で、主に2000年代に人気を博し、数々の名曲を世に送り出してきたラッパー。

 

またも悲しいニュースが飛び込んで来た。長らく闘病生活を送っていた事は衆知の事実だが、先日4月17日に肝不全でアトランタの病院にて息を引き取った。享年51歳。

 

今は亡き伝説のラッパーThe Notorious B.I.G.も所属していたクルーでありレーベルのBad Boy Recordsに所属していた。

 

彼は11歳から若くしてラップを始め長いキャリアを送って来た。全世界にその名を轟かせたのは1996年に上記レコード会社と契約してから。

 

レーベル中のアーティストの112、Total、Faith Evans、Mase、Puff Daddy、The Notorious B.I.G.に客演参加しまくり有名になっていった。以外にもOl Dirty Bastard、Channel Live、The Madd Rapper、Benzino、Tony Touchなどのアルバムに参加。

 

そして2000年に入って自身名義の”Whoa!”をリリース。この曲は全米チャートの43位にランクインされ、日本のナイトクラブでもクラブバンガーとしてよく耳にしたのを覚えている。もちろん私のこれでもかってくらいプレイしまくった♪

 

Bad Boy Recordsの代名詞的な曲”P. Diddy - ft Black Rob & Mark Curry - Bad Boy 4 Life”も凄く有名な曲でバッチリ2ヴァース目を歌っております。こちらも合わせてチェックして欲しい。

 

またも偉大なラッパーがこの世を去ってしまった。彼の功績を振り返ると共に、次世代にも語り継がれていって欲しいアーティストである。

 

Black Rob, Rest In Peace.

海岸

Olivia Rodrigo - Deja Vu

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

前回彼女の曲”Drivers License"を紹介した時に私は「是非とも次の曲にも期待したい。」を綴ったが、早くも全米チャートにもう1曲ランクインして来た。

 

Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)は子供の頃に女優としてデビューしており、今は18歳の若手シンガーソングライターでカリフォルニア出身のアーティスト。

 

曲名のDeja Vuはフランス語で「一度も経験が無いのに、すでにどこかで体感した事がある様に感じる事」の意味。

 

恋愛においてのデジャブを女性目線で歌っており、特に恋人と破局後に新しい恋人とのデジャブを悲しげに表現している所が聴き所の1つである。

 

彼女は私生活で俳優のJoshua Bassett(ジョシュア・バセット)と恋愛関係にあったが、その破局を歌っているのだろうともっぱらの噂。

 

Joshua Bassettは、女優で歌手のSabrina Carpenter(サブリナ・カーペンター)と付き合い始めたようで、歌詞にある

 

「あの子を呼ぶ時、私の名前を呼びそうになってない?正直、同じような響きだものね。あの子も女優だし。」

 

って明らかに”Drivers License”に続き私生活を上手く楽曲に落とし込んでより感情移入出来るような内容になっている。

 

5月末にはデビューアルバムもリリース予定でますます彼女から目が離せない。

曇り風景

NF - Clouds

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

NF(エヌエフ)はミシガン州グラッドウィン出身のアーティスト。

 

本名はNathan Jhon Feuersteinで、もちろんこの名前から由来している。

 

今日紹介したい”Clouds”は同じタイトルの「Clouds」というミックステープからのシングルカット。

 

アルバムとミックステープの違いを説明すると長くなるので簡単に説明すると。

 

アルバムは著作権関係や様々な問題を全てクリアにされ1枚を通して作品とされたもの。ミックステープはアーティストが勝手にやりたいように作った自由な作品。

 

今日のHip-Hop界はミックステープで名前を売り、メジャーレーベルと契約しアルバムをリリース。このような流れが主流。

 

NFは5枚のアルバムをリリースしているが、なんとミックステープは今回の「Clouds」が初のリリースとなる。

 

全米チャートにもしっかりとランクインされており、人気実力ともに評価が高い。

 

本人はEminemに音楽的影響を受けている事をよく話しているが、同じアメリカ出身で白人のMachine Gun KellyやLogicと比べられる事が多い。

 

どちらにしても彼らにも負けない個性とラップスキルを持っており、今後も活躍が期待される。

れんが壁

Mobb Deep - Shock Ones Pt.ll

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

Mobb Deep(モブ・ディープ)はNew York CityのQueens出身のHip-Hopグループ。

 

メンバーはProdigy(プロディジー)とHavoc(ハヴォック)の2人で、特にHavocはプロデューサーとしての才能も持っている。

 

残念ながらProdigyは2017年に持病の鎌形赤血球貧血症病気で亡くなりました。

 

彼らはラップをし始めてくすぶっていた頃、自宅にあったアナログ盤ジャケットの裏面に書いてあるレコード会社に、手当たり次第にデモテープとラジカセを持ってアポなしで訪れるという行為を行う。

 

今の時代にはありえない様ななんともアグレッシブな売り込み方に感動する。

 

その過程でQ-Tipの目に止まった事が転機になりデビューまでの道筋を作った。

 

今回紹介したい”Shock Ones Pt.Ⅱ”はアルバム”The Infamous”に収録されており、このアルバムはThe Source誌が発表した採点(超厳しい事で有名)で「5本マイク(満点)」と認定された、正にHip-Hopクラシック。

 

このアルバムは全米チャート20位以内に入っており、今の様にHip-Hopがチャートを席巻している時代とは違い、これは物凄い快挙である。

 

あの有名な映画「8 Mile」でこの楽曲が使用された事もあり再び脚光を浴びたのも記憶に新しい。

 

雪に覆われた森の牛

Rod Wave - Tombstone

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

先日紹介したばかりのRod Waveが大旋風を巻き起こしている。

 

Rod Wave(ロッド・ウェイブ)はフロリダ州セントピーターズバーグ出身のラッパーである。

 

リリカルなアーティストとして有名で、悪さを売りにしているラッパーとは違うファン層から熱いプロップスを受けている。

 

彼の3rdアルバム「Soulfly」が全米アルバムチャートで初登場1位となっている。

 

2019年の1stアルバム「Ghetto Gospel」は最高位で10位。2020年の2ndアルバム「Pray 4 Love」は惜しくも最高位2位。今回リリースした3rdアルバムでついに念願の1位を獲得した。

 

Billboard Hot 100 (曲単位のチャートで、皆が言う全米チャートとはこのチャートの事)に、100位以内に先週はなんと14曲もランクインすると言う快挙も成し遂げている。

 

"Street Runner”

“Richer”

“SoulFly”

“Gone Till November”

“Don’t Forget”

“Blame On You”

“All I Got”

“Pills & Billz”

“How The Game Go”

“OMDB”

“What’s Love??”

“Shock Da World”

“Sneaky Links”

 

今最も熱いRod Waveのアルバムは、全曲をチェックした方がいい最高な作品だ。

ショッピングモールのエスカレーター

Billie Eilish - Therefore I am

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)はカリフォルニア出身の女性シンガーソングライターである。

 

非常に個性的なアーティストで若干19歳ながらその音楽センスが群を抜いている。

 

ファアションや髪型(色)も個性的で若者のファッションアイコンにもなっている。

 

彼女の曲では”Bad Guy”が有名で、アメリカ、カナダ、オーストラリアで1位になっている。YouTubeの再生回数も驚異の11億を超えている。

 

今回紹介したい”Therefore I am”は2020年11月にリリースされたにも関わらず未だに全米チャート上位に位置している。

 

歌詞の内容は「自分たちの都合のいいように私を勝手に解釈しないで欲しい。」とジレンマやフラストレーションが感じられる毒のある内容になっている。

 

まだ若くして音楽業界を牽引する彼女からは目が離せない。是非ともチェックしといて欲しいアーティストである。

ダッシュボードの雨

Olivia Rodrigo - Drivers License

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)はカリフォルニア出身で若干17歳のシンガー。※この曲のリリース時は17歳だったが、2月20日に18歳になった。

 

フィリピンとドイツとアイルランドの血が流れる西海岸育ちのアメリカ人である。

 

「ハイスクール・ミュージカル : ザ・ミュージカル」の主役ニニ役とりて出演していた事でも有名だが、彼女が1月にリリースしたデビューシングル”Drivers License”が全米、全英チャート共に1位を獲得し話題騒然となっている。

 

カナダ、オーストラリア、オランダ、ノルウエー、アイルランド、ニュージーランド、ポルトガル…世界各国で1位を獲得している。

 

なぜこんなにデビューシングルが爆発的に売れたのか?

 

実は彼女が現実世界で行われた三角関係のゴシップのさなか、その状況を解説するかの様な大失恋ソングをリリースしたので一瞬で火がついた。

 

更に後押ししたのが彼女自身の実力。歌唱力はもちろん、こんな壮大ななバラードを自身が作ったのだ。

 

つまり、ダイヤモンドの原石発見に世界中の音楽ファンが飛びついたのである。

 

この実力には世界中が驚いた。彼女が崇拝しているTaylor Swift(テイラー・スウィフト)も大絶賛。

 

まだまだロングランは伸びそうだが、音楽ファンの目線は次の曲に向いている。是非とも次の曲にも期待したい。

流れ星

DMX - Ruff Ryders' Anthem

ご冥福をお祈りします。

@dj_034

 

DMX(ディーエムエックス)はニューヨーク州ウェストチェスター郡ヨンカーズ出身のアーティストで、幼少期の大半をストリートで犯罪行為に費やした。

 

その後、彼はHip-Hopをストリートからの脱却と考え真剣に音楽活動に打ち込むようになる。

 

1991年頃からコツコツとシングルをリリースし着実にプロップスを得た。なんと1stから5thアルバムまで5作品連続で全米チャート1位を獲得した偉大なアーティストへと成長した。

 

大HIT曲は数知れず、華の2000年代に最も音楽シーンを牽引し、最も人気を博したアーティストと言っても過言ではない。中でもオススメの曲を紹介すると

 

"What's My Name"

"Party Up (Up In Here)"

"Where The Hood At"

"Get it on the Floor"

"X Gon' Give It to Ya"

 

とヒット曲を数々残している。

 

映画俳優としても有名で「Romeo Must Die」や「Cradle 2 the Grave (邦題 ブラック・ダイヤモンド)などの大Hit映画にも出演している。

 

今回紹介したい"Ruff Ryders' Anthem"はデビューアルバム「It's Dark and Hell Is Hot」に収録されている。

 

伝説の大人気クルーでありレコードレーベルの「Ruff Ryders」の中心人物としてもシーンに君臨していた彼の存在感を示すには充分な楽曲で、Hip-Hop界へDMXという狼煙をあげるきっかけになったのもこの曲。

 

私も当時この曲を聴いた時は衝撃的だったし、この楽曲を言葉通りアナログ盤が擦り切れるくらいヘビープレイした思い出の曲である。

 

音楽業界に多大なる功績をのこした偉大なるアーティストDMXが、昨日4月9日にニューヨーク州ホワイトプレインズの病院にて家族が見守る中息を引き取った。

 

DMX, Rest In Peace.

トロピカルビーチ

Moneybagg Yo & Future - Hard For The Next

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Moneybagg Yo(マネーバッグ・ヨー)はテネシー州メンフィス生まれの現在29歳のラッパー。

 

彼はBig Bagg(ビッグ・バッグ)と呼ばれる事も多い。

 

7人の子供がおり、そんな中Megan Thee Stallionとデートを重ねたり、今は別れたようだがAri Fletcherと付き合ったりなかなかのプレイボーイぶりである。

 

彼の曲で最も売れた曲は、昨年2020年夏に爆発的に流行った”Said Sum”だと思うが、今回紹介したい”Hard For The Next”はそれを超える勢いで人気を博しているので注目して欲しい。

 

“Hard For The Next”は近々リリース予定のアルバム「4 Federal」に収録される予定。

 

Torey Montanaがプロデュースしており、大人気ラッパーのFutureを客演に迎えたのも最高な部分の1つ。

 

世界中からプロップスを受け始めているMoneybagg Yoを是非ともチェックしていただきたい。

桃

Justin Bieber ft Daniel Caesar & Giveon - Peaches

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

アルバム「Justice」発売後、Justin Justin Bieberの勢いが止まらない。

 

今回シングルカットされた”Peaches”は客演にカナダ出身のR&BシンガーのDaniel Caesar(ダニエル・シーザー)と、カリフォルニア州ロングビーチ出身のGiveon(ジヴェオン)を迎えミドルテンポの踊れるナイスソングをシングルカットした。

 

ちなみに、全米チャート初登場1位を見事獲得。流石Justin Bieberです。

 

歌詞の内容は昔住んでいたジョージア州アトランタの名産品のPeaches(桃)を美味しいと言い、今はカリフォルニアに住み夫婦でWeedを吸いながら楽しんでいる。そして将来はカナダでゆっくりしたいのかな?

 

と、忙しく世界中を飛び回る彼が活力を得られる場所を歌っている。

 

客演の2人もかなり良い仕事をしており、大人でソウルフルなフレイバーを追加し、なんとも色気のある曲に仕上がっている。

ニューヨーク市

Jay-Z - Song Cry

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

Jay-Z(ジェイ・ジー)はNew YorkのBrooklyn出身のラッパーであり、世界トップクラスの起業家でもある。

 

彼は歴史上最も高く評価されたラッパーとの呼び声が高く、経済誌のフォーブスに「アメリカ史上最も裕福なミュージシャン」として掲載された。

 

現在、21個のグラミー賞を受賞しており、全米チャートの常連はもちろん、ローリング・ストーン誌では歴史上最も偉大なアーティスト100組の1人に選出されており世界屈指のラッパーである。

 

Jay-Zと言えば世界屈指に人気で美人なシンガーBeyonce(ビヨンセ)を妻に持つ事も有名で、まさに絵に描いたような成功者である。

 

今回紹介したい”Song Cry”は2001年にリリースされた6thアルバム”Blueprint”に収録されており、このアルバムはThe Source誌が発表した採点(超厳しい事で有名)で「5本マイク(満点)」と認定された、正にHip-Hopクラシック。

 

このアルバムは”Song Cry”以外にもオススメな曲が多数収録されており

 

“Takeover”

“Izzo (H.O.V.A.)”

"Girls, Girls, Girls”

“Jigga That N***a”

“U Don’t Know”

“Hola’ Hovito”

“Heart Of The City”

“Never Change”

 

と1つのアルバムで推しの曲がこんなに沢山ある事なんてそうそう無い。名盤なのでアルバム通して是非聴いて欲しい。

 

スネークスキン

Lil Nas X - Montero (Call Me By Your Name)

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Lil Nas X(リル・ナズ・エックス)はジョージア州出身のラッパー。

 

郊外のリチア・スプリングスで生まれる。後にオーステル市に住むゴスペル歌手の父親の元へ引っ越す。

 

彼の本名はMontero Lamar Hillとの名前。

 

そう。今回紹介したい”Montero”は彼の本名の事。Lil Nas Xが大切な人とは自分を偽るのをやめてファーストネーム(素の自分)で行動する事を望んでいる。そんな事を歌っている曲。

 

なんと!! この曲は全米チャート初登場1位。

 

彼のキャリアを語る上では外せ無いのは、2018年10月に大大HITとなった"Old Town Road”をリリースしたのも有名な話。

 

この曲は全米チャートで19週連続ナンバー1に君臨し1958年にBillboardチャート始まって以来の記録を作った。

 

グラミー賞を2部門受賞し、MTVビデオミュージックアワードも獲得。

 

2019年には同性愛者である事をカミングアウトし世界中の話題となった。

 

Lil Nas X旋風が再度巻き起こるか楽しみである。

惑星と月

Juice WRLD ft Clever & Post Malone - Life’s A Mess II

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

21歳という若さでこの世を去ってしまったJuice WRLD(ジュース・ワールド)の新曲が急遽リリースされた。

 

2019年にリリースされた遺作アルバム「Legends Never Die」に収録されている"Life’s A Mess ft Halsey”の新バージョンって事で、Clever(クレバー)とPost Malone(ポスト・マローン)を迎えて制作された。

 

Cleverが自身のTwitterで「この曲は本当に大切だ。あらゆる事が現実から遠ざける様に働きかけて来ていた。でも遂に出たんだ。ジュースがここに居てこの光景を目に出来たらいいのにと思う。」と綴っている。

 

2月には”Conversations”のMVが公開されたばかりで、プライベートで見せる素顔や、珍しくフリースタイルをする姿が収録されており話題になっていた。

 

ウワサではJuice WRLDが作りためていた楽曲はまだ2000曲あると言われており、今後もリリースが続きそうで期待が高まる。

飛行機の翼

Rod Wave - Street Runner

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Rod Wave(ロッド・ウェイブ)はフロリダ州セントピーターズバーグ出身のラッパーである。

 

Hip-Hop専門誌「XXL」が選ぶ注目新人「Freshman Class 2020」にNLE Choppa、Jack Harlowらと共にピックアップされた。このXXLのFreshman Classは若手ラッパーの登竜門的な選出で、Hip-Hop界(音楽業界)では非常に大きな意味を持つだいじな賞みたいなもの。

 

今回紹介したい”Street Runner"は、最新アルバム「SoulFly」に収録されているリードシングルである。

 

そもそもあまり聞きなれないストリート・ランナーとは、スケボーが許可されてない通りを走り回ったりする事を意味していたが、最近では個人的な娯楽のために色んな物に飛び乗ったり、飛び降りたりするかなり自由奔放な人の事を言います。

 

この曲では色んな物は、色んな女やアーティストならではの荒れた生活の事を指している。

 

元カノを思う気持ちから「こんな生活はやめなきゃな…」と思いつつ、夢に向かって走り続けたい(ストリート・ランナーの意味も込み)と言う矛盾する気持ちの狭間で揺れているリアルな感情が面白く表現されている。

 

この歌詞から分かる様にRod Waveは非常にリリカルなラッパーで、悪さを売りにするラッパーとは違うファン層からの熱いプロップスを受けている。

 

元ネタはRuth B.の名曲"Mixed Signals"からのサンプリング。歌詞の内容もこの曲からインスパイアされたもの。

 

個人的には2020年にリリースした”Rags2Riches 2 ft Lil Baby”がかなり好きで昨年はかなりDJでヘヴィー・プレイした。是非聴いてみて欲しい。

カクテルを注ぐバーテンダー

Coi Leray ft Lil Durk - No More Parties Remix

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Coi Leray(コイ・リレイ)はボストン出身の次世代フィメール・ラッパーである。

 

2017年からラップをスタートしコツコツとプロップスを集める。

 

今回紹介したい“No More Parties Remix”は、元々Coi Lerayのソロとしてリリースされた。

 

TikTokでバイラル・ヒットし話題に。なんとっ!! 1週間で4200万回再生された。

 

Coi Lerayは「No More Partiesに客演参加して欲しい」とTwitter上でLil Durk(リル・ダーク)に直談判。彼は快く応じ、こうしてRemixが制作された。

 

Lil Durkの人気も後押ししチャートをグングン上がって来た。

 

この楽曲は、今年発売予定のアルバム「CL5」に収録予定。

 

彼女の曲だと”Slide ft Gunna”も良い曲です。あわせてチェックしてみて欲しい。

軌道上の宇宙船

Masked Wolf - Astronaut In The Ocean

DJ 034レペゼン!

毎日1曲!! 新譜紹介

@dj_034

 

Masked Wolf(マスクド・ウルフ)はオーストラリアのシドニー出身のアーティストで現在かなり注目を浴びて居る。

 

Shazomの検索ランキングで上位に食い込み母国オーストラリアで人気沸騰。

 

その後、ヨーロッパへ人気が飛び火し、カナダ、今ではアメリカでも人気を博し全米チャートへランクインされた。

 

Shazomの検索ランキングに上がって来るのも納得。単純にカッコイイしラップが上手い。

 

更に、最近のHip-Hopには必須な歌唱力まで兼ね備えている。

 

若い頃に当時売れていたEminem(エミネム)や50 Cent(フィフティー・セント)を聴いて育ち、その影響でラップを書き始めた様。

 

NFLの有名選手Patrick Mahomes(パトリック・マホームズ)がSNSで推しまくったのもアメリカで話題になった大きな要因の1つ。

 

まだまだ話題が拡大しそうなMasked Wolfからは目が離せない。

ブルックリンブリッジ

Lil’ Kim - Lighters Up

!!Throwback Thursday

木曜日は懐かしい名曲を紹介

@dj_034

Lil’ Kim(リル・キム)はNew YorkのBrooklyn出身のアーティス