Rainmaker レインメーカー 2021-22秋冬
純白のシンプルなダウンジャケットが貴賓と優雅さを感じる綺麗なシルエットの落ち着いたトーンのパンツやジャケットが、大人の魅力を醸し出してくれるコレクションだ。

By @marijbrooklyn
naokitomizuka ナオキトミヅカ 2021-22秋冬
赤のタータンチェックxデニム、そして、白と黒のパッチワークをお花のようにたくさんつなぎ合わせたストールのような作品は、まるでアートのピースのようなコレクションが印象的だ。
真っ赤なオーガンジーのワンピースがインパクトをさらに醸し出している。

By @marijbrooklyn
pays des fées ペイデフェ 2021-22秋冬
「無重力のユートピア」がテーマの今季はファンタジックなパステルブルーとピンクがとってもロマンチック。

飛行モチーフのテキスタイルがまるでメリーゴーランドに乗っているかのような可愛さと、ちょっぴり奇妙でドリーミーな世界観が伝わってくるコレクションです。

By @marijbrooklyn
Hiroko Koshino 2021-22秋冬
今回のファッションショーはオンラインで行われ、野外で墨絵で描かれた木を背景に披露された。

水墨画の屏風と、トラのプリントワンピースが今回のコレクションにオリエンタル感を加え、ボルドーなシルエットのコートやワンピースが、トーンダウンされたレッド、グリーンやグレーなどの色などがメインカラーに使われたデザインが目立ったコレクション。

また、帽子やヘアバンド等ヘアアクセサリーが目立ち、
三つ編みできた髪と、ハートの形でリップを塗ったモデルたちが印象的だった。

By SUMIN
MIKAGE SHIN ミカゲ シン 2021-22秋冬
東京コレクションでは初シーズンになるデザイナー。

シックでシャープなラインのジャケットに流動的な動きのある真っ白なロング丈のアシメトリーなプリーツスカート。

哲学者・ニーチェのプリントなどは、京都の伝統的工芸品である黒流し布地などを取り入れるなど、文学と伝統要素を取り入れた、ジェンダーレスなコレクションだ。

By @marijbrooklyn
エイチシー タカシ イトウ 2021-22秋冬
ストリートカジュアルな中に見えるチェックのシャツ、
ミリタリーとデニムジャケットや、ネイビーxレッドのニットやチェックxデニムなどのスタイリングは、まるでロンドンの『自由』なストリート要素を感じさせる、コレクションだ。

By @marijbrooklyn
kaiki カイキ 2021-22年秋冬
chill」のイメージから生まれた緩やかなシルエット


国産ウールとジャカードという2種類の素材のユニークさを活かし、ボリュームのあるバルーンスカートやジャガードシャツを合わせたり、グレートマスタードカラーを組み合わせるなど、まったりとしたリラックス『chill』な世界観を演出している。
SEVESKIG セヴシグ  2021-22年秋冬
まるで箱入りのバービー人形のようなボックスの中に佇んだモデルの着こなす真っ赤なチェックのロングコートやウエスタンを連想させるフリンジなどのジャケットが大自然の中にぴったり。

背中にアニマルのモチーフのカウチンや豹柄のカーディガンなども見逃せないアイテムだでカジュアルな中に魅せる一味違ったコンセプトだ。

By @marijbrooklyn
SHINYAKOZUKA シンヤコヅカ   2021-22年秋冬
水彩画のようなアーティスティックなデザイン

シンプルなスタイルに大胆な水彩画のようなジャケットやワイドパンツをニットとのコーディネートでカジュアルにスタイリング。

カスリの着物のような大柄のチェック柄はインパクトある印象画のような大胆なセットアップだ。

By @marijbrooklyn
Show More
RYNSHU 2021 S/S

@八芳園 2020.10.12 印象的だったのは「生地」 生地の素材によって色使いはシンプルでありながら華やかな印象を同時に与えていて、メリハリがありながら重く見せない、抜け感のあるセンシュアルなデザインとジェンダーレスなルック。 とくにスエットパンツのようなルックのパンツは、生地によってパリッとした印象を与えながら、同時にcomfortableな印象を与えていて、その組み合わせに惚れ惚れした。 そんなことを直に感じさせられ、会場に漂う「RYNSHU 1217」の香水の香りと世界観にマッチした音楽、場所、その余韻と強烈に感化された数十分に帰るのが惜しいほど素敵なランウェイだった。 writer by Naoko

Go to link