top of page
Patricia Field  パトリシアフィールド 2023 SS

9月も中旬に入り、街は少しずつハロウィンカラーに彩られてきている。 ニューヨークの一大イベントである、ニューヨークファッションウィークも先日幕を閉じた。 そんな、ファッションショー最終日には 人気ドラマシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』や『プラダを履いた靴』の衣装を手がけたスタイリストでお馴染みのパトリシア・フィールドのコレクションが発表された。 全身にドット柄がデザインされているドレス、クロップドTシャツ、半透明のニットなど様々な個性溢れる衣装が次々に披露される。 絵画的な色のブレンドでエロティックさを表現しながらもどこか可憐に見える素晴らしいランウェイに仕上げた。 客席には、シンディ・ローパー、ファーン・マリス、ブルース・ウェーバー、ココ・オースティンなどのスターが勢揃いし、まるでニューヨークの家族の再会のように感じた。 時代を越えて愛され続けている、パトリシアフィールドの世界に引き込まれた。 Photo by Mari J Brooklyn Text by Miku Kobayashi #PatriciaField #パトリシアフィールド #nyfw #nyc #

TODD PATRICK 2023 SS

TODD PATRICK トッド・パトリック 2023 SS 過去がどのように未来を形作るかに焦点を当て、リラックスしたゆとりのあるシルエットが特徴的なメンズウェアブランド。 「小さな町、大きな夢」と題された今回のコレクション。 デザイナーのニコールは子供時代からインスピレーションを得たと語り、若々しい感覚を体現した。 ゆったりとしたテクスチャーと鮮やかな優しいカラーが、小さな町の独特の美しさを想像させる。 ショーでは70年代を彷彿とさせるキャンプカラーシャツを多くのモデルが身に付けていた。 ノスタルジックなニュアンスの中に微妙な新鮮さも感じられた。 懐かしい雰囲気を醸し出すデザインと、女性のような柔らかいタッチのバランスが絶妙であった。 Photo by Mari J Brooklyn Text by Miku Kobayashi

NICHOLAS RAEFSKI 2023 SS

NICHOLAS RAEFSKI 2023 SS 大衆文化や現代的なスタイルの影響を受け、大きな成長を見せているブランド。 今回のコレクションでは、不確実な現在から想像される”楽観的な未来”を投影している。 過去から想像された”未来主義”を思い起こさせるノスタルジアと、新しさの融合を感じることが出来た。 明るい深紅と薄い紫色の生地で作られたインパクトのあるセットアップはとてもエネルギッシュであり、他にも蛍光カラーのブレザーやシャープなジップアップジャケットなど、様々な種類の服で観客を魅了し、鮮やかな色と共に強い個性を表現した。 また、今回のコレクションにはパブリックエネミーのフレイバーフレイブも登場。 デザイナーは、「星は大きく見えないが、より明るく見える。私が達成しようとしている目標はもはや不可能ではないことを意味する。そして、未来は明るく見える。」と語った。 架空のレトロフューチャーな宇宙船ホテルのバーを舞台に、確固たる未来を組み立てていくニコラス・ラフスキーのスタイルはとても魅力的であった。 Photo by Mari J Text by Miku Kobayashi

FRIED RICE フライドライス 2023 SS

FRIED RICE フライドライス 2023 SS ニューヨーク市のローワーイーストサイド地区で誕生した、芸術的・文化的多様性をコンセプトとしているブランド。 遊び心のあるポケットやビビットカラーを上手く取り入れ、個性を強めている今季のコレクションでも、多様なデザイン、カラー、生地などを取り入れている。 カラーやサイズ感の異なるチェックが施されたシャツ、半袖の緑色の花柄トップ、対照的なカラーでインパクトの強いオーバーオール。カーゴスタイルのパンツはベージュ、オリーブグリーン、ブラックの色合いで形成され、ハイブリッドなウェアもポップさが増した大胆なミックス感に圧倒された。 「アフロパンク」などのフェスなどに出展から、初となる今回のショーでは、DJに加えChelsearejectなどの若手アーティストのライブパフォーマンスなども見所で、ファッションと音楽とのコラボレーションの融合で、急成長しているブランドの今後から目が離せない。 Photo by Mari J Brooklyn Text by Miku Kobayashi

Perry Ellis AW22

Perry Ellis AW22 アメリカの国旗のニット、ツートンの切り替えのバゲットハットに、ピンストライプのワークジャケットとパンツ。 ヨットでクルージングのリッチなイメージのアメカジテイストが新鮮。 まさに、 『ザ。アメリカンカジュアル』 の代名詞と言えるコレクションだ。 Text + photo = @marijbrooklyn @perryellis

Stan AW22 あえてつけれれたシミのついた薄汚れたジャケットとジャンプスーツ、色が変色したレースのジャケット。 パッチワークの色合いなど、どことなくきな臭い感じがまさにかっこいい! 熟年の素敵なモデルを起用て 『ビンテージの良さ』 が滲み出ている、古着好きにはたまらないコレクション。 Text + photo = @marijbrooklyn @stanclothing

Teddy Vanranson AW22

Teddy Vanranson AW22 鮮やかなパープルのニットやコート。 まるで水彩画のようなテキスタイルのレインコートに同じテキスタイルの大きなハットが印象的。 スモーキーブルーのジャケットの上にレザーのベストに同系色のブルーのニットを肩から巻いたコーディネートは取り入れたい。 Text + photo = @marijbrooklyn

Nicholasraefski AW22

Nicholasraefski AW22 60年代を感じさせるテキスタイルに、色鮮やかなニットと茶色にベージュのコンストラクトがグルービーなコーデュロイ素材。マ茶系のラグビーブルゾンから覗かせるダークグリーンのパーカーとのコーディネートは、アメリカのハイスクール感満載のコレクション。 Text + photo = @marijbrooklyn

Ateliercillian AW22

Ateliercillian AW22 真っ赤なセットアップのスーツに真っ黒というバレンタインコンセプトカラーがグッとインパクト強いラインナップ。 特に真っ赤な刺繍のようなプリントのジャケットなどの素材が高級感を促してかなりセクシー。 Text +photo =@marijbrooklyn

Clarason AW22

Clarason AW22 ネイビーブルーにキャメルカラー 光沢素材のカーキなど、アースカラーメインに軍隊をイメージさせるデザインだが深めのギャザーをふんだん使ったデザインがハイエンド感たっぷり。 Text + photo = @marijbrooklyn

LAROPA 2022AW 去年ソーホーにフラッグショップをオープンしてNYのストリートキッズの間で密かに話題となったブランドのプレゼンテーション。 KISSマークのキュートなロゴにハードなパンク感を掛け合わせた ユニセックスなデザインで、ヴァレンタインにぴったりの装い。 ストアの奥にはキスマークのクッションが敷き詰められくつろぎのスペースがキュート。 シャンパンなどが振る舞われ、ショップがパーティー化して盛り上がり、久々のファッションウィークパーティーの開幕! Photo + text @marijbrooklyn

bottom of page