@marijbrooklyn

DNYE A/W season 8

Feb 5th 2019 @FIT

​ディーン

今回はシーズン8。DJ MICK が会場を盛り上げる中、FITギャラリーで行われたプレゼンテーション。

ワッフル生地に蛍光色xブラックのフーディーやベストなどに、ビニーを合わせたシンプルのスタイルだが、機械のパーツをマスクやグローブにつけるなど、オールドスクールとニュースクールがミックスしたスタイリングがインパクト大!

モデルはいなかったものの、中央にアートとして中古テレビやレコードプレイヤー、古いラジオにたくさんのワイヤー、ヒップホップのカセットテープやビデオなど、山積みにされたアートはお客さんの印象を与えた。

@marijbrooklyn

 LandLoad A/W 2019

Feb 5th 2019 @pier 59 studios

​ラウンロード

アメリカ・ニューヨーク発のファッションブランド。クリエイティブ ディレクターは川西遼平

ミリタリーのテイストをベースに、スポーティー、カジュアル、コンテンポラリーなエッセンスを落とし込みデザインが特徴

 

スポーティーで発色のいい蛍光色やオーバーサイズのジャケットなどのレイヤー

のスタイリング。さらに目を引いたのはインパクトのあるおもちゃのようなごちゃごちゃしたアクセサリーやドル札やコインを起用したピンやネックレスなど、ニューヨークキッズが真似したくなるような先取りコレクション。

 

そして何と言ってもモデルの歩き方が2倍速!! 『ランウェイ=早歩き』が今の時代を象徴しているかのよう。来年あたりは本当にランウェイをモデルが走るのではないかと予測w。

Photo & text 

@marijbrooklyn

Grungy Gentelmen A/W 19

Feb 6th 2019 @SLATE newyork

​グルンギージェントルマン

ニューヨークベース。デザインやデジタルメディアを通じてサービスを提供するメンズライフスタイルブランドで、革新的なカルチャーをファッション、スポーツ、エンターテイメントを融合させて作り出している。

 

毎シーズン白人、黒人、アジア人、そしてグレイヘヤーのミドルエイジをモデルに起用。ジャケットの袖やパンツの裾などのラインが特徴的で、幅広い年齢層などに着こなせる、幅広い年齢層などに着こなせる、カジュアルに着こなせるコレクションだ。

 

今シーズンの会場は、人気のクラブslate。地下にはインスタ映えするボーリングやゲームなどが楽しめるスポットが設置してあり、中でも1階から地下へ続く螺旋階段が滑り台になっているのがユニーク!大人向け遊園地。

 

オープンバーでお酒を飲みながら見れるので、DJ Juanytoがパーティーチューンで、お客さんはすでにノリノリ。ショーの終わった後は、アフターパーティーでモデルも一緒に盛り上がった楽しいファッションショーだった。

Photo & text 

Photo & text 

@marijbrooklyn

photo & text 

The blue Jacket A/W 19

Feb 2th @Pier 59

​ブルージャケット

ファッション、娯楽、スポーツそしてメディアの世界を一緒ににして前立腺癌の認識を高め、そしてがんのリサーチの寄付をつのるために行われるショー。

各トップファッションデザイナーは今までのBLUE JACKETの覆し、今シーズンでは俳優、アスリート、新しいエンターテイメント、芸術、ビジネス界のモデルが、唯一無二の作品を着てランウェイを歩いた。

@marijbrooklyn

photo & text 

Fshion Hong Kong A/W 19 

Feb 8th 2019 @Industria

グループランウェイショー Fashion Hong Kongは、香港のファッション・デザイナーやレーベルが世界のファッションの舞台で活躍できるようにサポートするために香港貿易発展局(HKTDC )が立ち上げた海外プロモーション・イベント。

今シーズンは3ブランドが展開。 ●Heaven.please

●112 mountain yam

●Anveglosa

実は個人的に毎シーズン楽しみにしているショーで個人的にその場でオーダーしてしまいたくなるようなコレクションばかり。

​今シーズンも色鮮やかなミリタリーのジャケットなどはマストバイしたい!

@marijbrooklyn

photo & text 

Chromat A/W 19

Feb 8th @Industria

​クロマット

毎年オーバーサイズのモデルを起用して幅広いモデルの幅を増やしたショーで影響を与え、アウターとしても、水着でも着こなせる革新的なインナーデザインブランド。

DJの陽気でハイテンポなテクノレゲトンが会場を盛り上げる中

カリビアンコンセプトのピンクやオレンジなどの蛍光色のワンスリーブやワンレギンスなどが特徴だった。

冬を吹き飛ばし、避暑地やパーティー好きのクラブキッズがこぞって着そうなにマストなアイテム!

@marijbrooklyn

Photo & text

OVER LOOK A/W 19

Feb 8th @Brooklyn

​オーバールック

個性あふれるユニークなコラージュアートのようなリメイクをコンセプトに2016 から立ち上げたメンズブランド。

今シーズンはメッセージ強目のプリントシャツやモデル2人につながったパンツ、枕やマネキンなど様々なトリックアート的な斬新なスタイリングで観客を圧倒させた。腰から落としたチェーンなどは、ニューヨークキッズにインスパイヤーを与えるだろう。

 

 

What inspires you ? 

Since 2016 our core representation has been to push “perseverance” being doubted rejection ,self fear 

Face. Strength and growth only comes through these time Overlook is the energy of striving through adversity. This line of being crossed out will force some to shut down but give others fuel to keep going which will you chose ? 

 

あなたをインスパイアするものは何?

2016年から我々の表現は拒絶、己のに立ち向かう恐怖に疑問を抱くことに”忍耐”を費やしてきた。成長と強さがこの時代を切り開く。OVERLOOK は逆境からのエネルギーである。この今引かれている線は誰かをノックダウンするのか、それとも他の奴にエネルギーを与え続けるのか。

あなたはどちらを選ぶ?

Takahiro kamo

text

Asian Fashion collection

A/W 19

Feb 9th 2019 @spring studio

若手アジア人デザイナーをオーデション形式で発掘〜ランウェイ・デビューを実現する夢のようなプロジェクトを開催しているアジア・ファッション・コレクション。

 

厳しい審査に勝ち抜き、見事ランウェイ・デビューする7つのブランドはこちら。(もちろん、日本人デザイナーも!)

 

・FEY Minoriyanagase/Japan
・Titat/Thailand
・CAHIERS/Korea
・Tsung Yun Chan/Taiwan
・Hyun Jun/South Korea(Parsons)
・Kenichi./Japan
・Kanon/Japan

・FEY Minoriyanagase

 


日本人デザイナー。
ユニークなグラフィックプリントと鮮やかな色使いが素敵。

http://www.fey-minoriyanagase.com

バンコクからのメンズウェアレーベル。
シンプルかつ洗練されたスタイルは「母国・モン族の再解釈」というのがテーマから。
 

CAHIERS
テーマは「”Newtro"=Retro in a New」


落ち着いた色合いの中にファーやフリンジのついたアクセサリーが印象的。
 

https://www.cahiers.co.kra
 

Tsung Yun Chan
ハイファッション/ストリートスタイル/モダンアート、さらに台湾出身の彼だからこそできるテクニックを複合したスタイル。色使いなど、細部までよくこだわっているのが◎。

https://www.tsungyuchan.com/
 

・Hyun Jun
今回最もエレガントなショーだったのがこちらのデザイナー。
モノトーンに美しいドレープが彼女のコンセプトである「空虚と不鮮明」をうまく表現できている。

Takahiro Kamo

text 

PONY× HARVIN A/W 19

Feb 9th 2019 @spring studio

​ポニーxハルビン

今回のショーは、アメリカでもポピュラーな中国最古のビール・レーベル「Harbin」(NBAとスポンサー契約も!)とアメリカのスポーツ・ブランド「Pony」の異色のコラボレーション。
中国の楽器を含む生演奏に加え、中国舞踊や書道などトラディショナルな中国カルチャーを随所に散りばめながらも、ヒップホップダンスなども取り入たショーはエンターテイメント性抜群(もちろん、中国の獅子舞も登場)。

 

中国からNYFWのためにやってきたセレブ達も大興奮だった模様。


肝心のランウェイは、スポーツブランドだけあって、動きやすさも重視しつつ、ヴィヴィッドかつボリューミーなダウンやビニール素材のエッジーなコートなどトレンディーなスタイルも健在。さらに、ショーの後はアフターパーティーも。


レイト・ショーの後は会場がサーブするフード&ビールで空腹をみたしつつ、ファッショニスタをスナップするホットな夜でした。

@marijbrooklyn

Photo & Text

Dirty Pineapple A/W 19

Feb 9 2019 @Industria

​ダーティーパイナップル

上海をベースに2016年に設立したレディースメンズブランド。今シーズンは辛子色x朱色のコンストラクトがポイント。

濃紺のデニムの肘の切り替えカットが特徴と、ロゴの入ったスポーティーなロングソックスのストリートスタイルに、絣プリントのジャケットのハイエンドストリートスタイルが今年のトレンドになる予感。

​お土産にロングソックスをいただいたので、早速着用!トレンド先取り。

@marijbrooklyn

Photo & text

Hakan Akkaya A/W 19

Feb 10th @ Spring Studio

ホーカンアッカヤ 

80年のディスコxロックスタイルを思わせるショルダーがハンガーの様にがっつりトンガって、世界のイキキッタセレブ達にはうってつけのコレクション!廃った筈の「スタッズ」を見事に蘇らせた!

 

既に廃ったはずのスタッズをまたファビに再度蘇らせ、クローゼットに眠っていたジャケットをもう一度着てみたくなってしまう魔法のごとく、見事に2019年バージョンに新しくアップグレート!

 

フロントローのお洒落なゲイ様達も、「ファビラス」とため息をつかせるほどのゴージャスさはブロンズにも匹敵。

ファッショニスタ心に火をつけた!

@marijbrooklyn

Photo & Text

Moon Choi A/W 19

Feb 11th @SIR Stage37

​ムーン チョイ

今シーズンは二元性のある動きと人の感情からインスピレーションを受けたコレクション。

 

その背景には人生は一層だけではなく、すべて経験と動きであるという彼女の考をコンセプトに、洋服、生地がどのようにして体にフィットするのか考えた。

 

そのインスピレーションが今シーズンの(soft)ソフトとHard (ハード)、曲線、直線の素材の間にダイナミックな間を作りだし、それぞれのコレクションに暖かさ、快適さ、自信の層に覆われるというデザインになっている。

着心地の良さそうなウール素材でアースカラーでモノトーンに上品なデザイン。

ウエハースの様に何枚も重なった柔らかい生地が袖のサイドについたロングジャケットは今シーズンの特徴。

@marijbrooklyn

Photo & Text

Paola Hernandez A/W 19

Feb 11th @Arlo Hotel Soho

パオラ ハルナンデス

ファッションを通じて、哲学的なコンセプトを追求しているパオラ。


コンテンポラリーアートの背景にある象徴的なそれぞれの深いデザインの細部と組み合わせることに勤めている。

ヨガミュージックの曲に合わせてモデル達がコンテンポラリーダンスを踊るという、新しいスタイルのプレゼンテーションだった。

@marijbrooklyn

Photo & Text

YAJUN A/W 19

Feb 11th @Industria

​ヤジュン

上海ベースのデザイナー。

コンセプチュアルでクリエイティブな作品だけでなく、ウェアラブルなスタイルが彼女の強み。

黒、白、キャメルなどのカラーを基調にレザー素材の重めの切り替えダウンに

背中にかなりボリュームができるデザインのレイヤージャケットなどは今年のトレンドをがっつり捉えていた。

 

フロントロー席のお土産には扇子、中国の高級化粧品メーカー

「MARIE DALGAR」

のファンデーション、チークパレット、シャドウパレット、磁石で開閉するリップ2つなどを頂きました。

IMG_9570.jpg

@marijbrooklyn

Photo & text

Calvin Luo A/W 19

Feb 13th @Spring studio

​カルヴァン ルオ

レディー・ガガが彼のスーツを纏いパパラッチさられたのは記憶に新しいはず。

これまでに50s Styleやバッド・ガールなどエキサイティングなテーマを上手く表現する彼の才能はトップセレブリティたちも高評価。

 

今シーズンは白や黒のエナメルのシャツやパンツ、ジャケットなどがシャープでセクシー。異素材を使ったアシメトリーな切り替えのプリーツスカートなどが女性に気に入られそうだ。

@CalvinLuo_Official

#CalvinLuoNYC

@marijbrooklyn

Photo & text

Peace Bird A/W 19

Feb 13th @Pier 59

ピースバード​

2018年AFコレクションにて、コカ・コーラのロゴを使用した大胆なデザインが話題を呼んだ中国のデザイナーチーム。かと思えば、マム・ジーンズ(ハイウエスト・テーパードジーンズ別名:オカンのジーンズ)をランウェイで披露するなど、予測不可能なところがこのブランドの支持者が多い理由なのかも。今期もファッショニスタの期待を超えるか要注目。

 

今シーズンはあらゆるデザイナーが小物アイテムとして取り入れているチェーンとスタッズが注目!スタッズのグローブやキャップについたチェーン。そして何と言っても異素材のポーチのボディーチェーンベルトが今年はかなり流行りそう!

 

ダウンジャケットの上にニット。そしてボディーチェーンをその上から着用するスタイリングは最も今年のトレンディーだと言える。

LRG_DSC00935.JPG

Text    Natsumi

Photo Mitsuki

Ghada Albuainain and Harlienz FW19 Collection

Feb 12th @Pier59

​ガーダアルバナイン アンド ハーリンズ

今回のショーのタイトルは YOU & ME。
カタール出身の(HARLIENS)ファッションデザイナ-と(GHADA AL BUAINAIN) ジュエリーデザイナーのコラボレーション。You がHARLIENS,MeがGhadaがタイトルの意味になっている。時代は少しづつ変わりつつあるが、女性は昔からみんな同じ洋服を着る保守的なカルチャーの中で育ってきた2人。しかし彼女たちはリスクを恐れず、時代に対応しながらも、謙虚で新しい服やジュエリーを作り出している。

ファッションデザイナーのGHADA AL BUAINAINは普段目にするものの美しさからインスピレーションを受けそれらを形のあるものに落とし込んでいる。今回のコラボレーションはデザインの才能の集結としてカタールへとてもいいインパクトを与えるだろう。

 

ショーではシルクなどの生地を使ったホワイトベースのドレスが多く披露されていがその中でも鮮やかなオレンジ、緑色のドレスも登場しコントラストがとても綺麗に表現されていた。モデルたちがランウェイを歩くたびになびくドレスの姿は女性らしく上品で、カタール出身の2人のデザイナーは他とはまた違った伝統的なテイストも加わった美しいコレクションだった。


ショーではフロントロー席のお土産にはGHADA AL BUAINAIN X HARLIENZ の刺繍入りのVネックTシャツが用意されていた。

@marijbrooklyn

Text

NPC AW"19

Feb 13th @Pier 59

​エヌピーシー

2009年にNic Li, 中国の主要VJ/TV ホスト, Will Pan(アメリカ生まれのラッパー兼アクターの台湾人によって設立された中国発信のストリートウエア熱狂者達に完璧な収納棚を提供する小売店。
NPCは伝統的な中国文化のための主張に努力するだけでなく、世界中のすべてからブランドも持ち、中国の若者が世界中から最新の文化とトレンドを遅れを取らずに進むウインドウも持つブランドです。

openingから目を惹きつけられるようなCGから始まり現代的なグラッフィックなデザインで Youth made China をテーマにしている事もあり若い者に受けそうなラインだった。

IMG_0002.jpg

@marijbrooklyn

Photo & text

Afffair AW 19

Feb 13th @Spring studio

アフェアー

AFFFAIR のクリエイティブダイレクターで、創設者の1人であるRufat Ismayilは、これまでに多くのコレクションに携わり、ブランドをクリエイティブなコレクションに導いてきた。

今シーズンはブラックレースのボディーコンシャスなドレスとそれにマッチしたニーハイブーツやゴールドのラメのカクテルドレスなど、
このブランドの特徴であるエレガントなオートクチュールの要素である西洋と東洋が入り交じるイスタンブール風にアレンジされた、クラシック、モダンなシルエット、そして女性を美しく精巧に見せているゴージャスなコレクションだった。