MITSURU OKAZAKI ミツルオカザキ 2023 SS
MITSURU OKAZAKI ミツルオカザキ 2023 SS

ショーが始まると黒のマスクを被ったモデルたちが続々と登場。 一見奇妙とも感じられるショーの始まりであったが、絶妙な加減が洋服の世界観と上手くマッチしており、とても引き込まれた。 ブラックやグレーを基調とするシックな雰囲気と、メッセージ性のある大胆なデザイン、構築的なスタイルが美しく組み合わさった洗練されたコレクション。 ショーの最後にはモデルたちが観客の前へと整列し、一斉に被っていた黒のマスクを外す。 それと同時に、“平和の象徴”「ピースサイン」を空へ掲げ、観客に向けたメッセージが伝わったショーだった。 政治的メッセージのあるショーはまだまだ少ない。 ファッションと共に声を上げる姿にとても感動した。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
RequaL≡ リコール2023 SS
RequaL≡ リコール2023 SS

ブランド名は、「Re:quaL≡ Re:時の単位 / :equal=常に=等しく(≡)」という意味であり、構築的なフォルムと、ダイナミックなデザインが特徴的。 今回のコレクションのインスピレーションは、祖母の絵。 色は、深めのブルー、グリーン、パープル、イエローなど、鮮やかなカラーが揃った。 多くの色が集まる中、ごちゃついているようには感じさせない色彩と形のバランスが素晴らしかった。 洋服一枚一枚にユーモアが溢れ、迫力あるデザインに惹かれた。 服の持つエネルギーが凄まじく、心が躍る、そんなショーだった。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
PAYS DES FÉES ペイデフェ2023 SS
PAYS DES FÉES ペイデフェ2023 SS

“Forest maiden” ブランド創設当時からつらぬく"奇妙かわいい"というコンセプトを主軸に、時にシュール、時にロマンティックなデザインを発信している。 毎シーズン、世界各国の芸術"シュルレアリスム"などからインスパイアされたペイデフェの洋服は、自由な想像力を掻き立てられるようなデザインで溢れている。 今回のコレクションではパステルカラーを基調としている。 またヘアターバンやハット、カチューシャなどの小物使いが幅広く、魅力的である。 一見奇抜に見える雰囲気も、上品さや色味の絶妙なバランスにより、他の作品に飲まれない美しさが感じられた。 次のコレクションも楽しみである。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
AYÂME アヤーム 2023 SS
AYÂME アヤーム 2023 SS

“ゆだねる強さ” コンセプトは着る人の個性に寄り添い、職人の手仕事による素材や技術と、独自のひねりやアイデアを取り入れた「モダンクラフトマンシップ」。 革新的なオリジナリティーを追求しつつ、各産地で培われたものづくりの希少な技や想いを次の世代に繋いでいくことを目指している。 女性のシルエットを強調するエレガントなデザインが多くありつつも、メンズモデルもギャザーでボリュームのあるピンクのドレスを着用しており、ジェンダーも要素がふんだんに組み込まれていた。 色もブラックやグレー、ホワイトなどを基調にしたシンプルな色遣いなのに、華やかで優しく、かっこいいものであった。 リラックスした穏やかな雰囲気の中でも”強さ”を感じられたショーはとても美しかった。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
ABLANKPAGE  アブランクページ 2023 SS
ABLANKPAGE アブランクページ 2023 SS

“STEREOTHAI” ”ablankpageは"何もない空白のページ"という意味。 偏見や固定観念にとらわれず自分自身で人生の物語を書き進めていくという思いから名付けられた。 毎シーズン、空白のページから生み出すことをコンセプトに作品制作を行っている。 ワクワクするデザインが多く、造形やビジュアルの先にある奥深さ、またそれを感じるさりげないディテールが印象的だった。 またデザイナーがタイ人のラロパイブン・プワデトということもあり、タイの文化が所々で取り入れられている演出となっていたのも新鮮味を感じた。 シェイプの効いた華やかな衣装も素敵だったが、タイのお札で造形されているハットやその他の多くのアイデンティティー溢れる小物にも圧倒された。 様々な仕掛けに驚かされたフレッシュさを感じるコレクションであった。 今後のショーが楽しみである。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
FUMIE TANAKA フミエ タナカ 2023 SS
FUMIE TANAKA フミエ タナカ 2023 SS

“clear seed” 自分を知り自然体に居心地を感じる大人に向けたブランド。 革小物の展開や遊び心がある異業種との取り組みを含めたコラボレーションも特徴的。 コレクションはビンテージ、クラシック、モードなどさまざまな要素を融合した「フミエ タナカ」らしいミックススタイル。 色もブラック、ホワイトといった落ち着いたカラーだけではなく、ビビットカラーやパステルカラーなども幅広く取り入れた。 スリットを入れたジャケットとパンツのセットアップもあれば、個性的な花柄や幾何学柄のドレス、ロマンチックなレースのフリルドレスまで枠にはまらない無国籍でエキゾチックな持ち味が全面に出ていた。 エレガントで詩的なコレクションにとても引き込まれた。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
NEGLECT ADULT PATIENTS  ネグレクトアダルトペイシェンツ 2023 SS
NEGLECT ADULT PATIENTS ネグレクトアダルトペイシェンツ 2023 SS

今季のコレクションは、ブラーやキンクスを筆頭に、英国のミュージックシーンを盛り上げた「ブリットポップ」がテーマである。 インスピレーションはイギリスに根強く残る階級社会の垣根を越えて、音楽の力でのし上がっていく労働者階級の若者たち。 “焼きそば”を食べるモデルが登場するなど、毎回ユニークなショーで話題を集めてきたネグレクトアダルトペイシェンツ。 今シーズンは、そんな麺を使用したお馴染みの演出ではなく、新たに“動くランウェイ”が登場した。 ファッションショー=ランウェイという概念を壊した演出であり、時代に合わせるのでなく、時代に提示しているスタンスである。 自由で軽やかなのに、たくましい企画とコンセプトを持っているクリエイティブなショーに見入ってしまった。 "可動式の壁"の花柄模様も他のショーではみることの出来ないインパクトがあり、自然体でありつつもステレオタイプな雰囲気が印象強かった。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
UCF ユーシーエフ 2023 SS
UCF ユーシーエフ 2023 SS

“Shape shift"   UCFは心の襞に触れるような素材と人との関係をコンセプトに、国内生産にこだわった洋服を展開する日本のファッションブランド。   色がシンプルな分、素材感やシルエットなどデザインが際立っており、トランスジェンダーな要素がふんだんに組み込まれていた今回のショーは“Shape shift”と名付けられたタイトルにぴったりである。 カッティングが良く、シルエットがとても美しかった。 また、コレクションのラストには衣装に隠されていたボールが放出され、会場は驚きに包まれた。 歩行とともに生じる予測不可能な衣服の揺れには大きなポイントが隠されていたのである。 世界観が確立されており、独創的なショーであった。 Text by Miku Kobayashi

press to zoom
HOUGA ホウガ 2023 SS
HOUGA ホウガ 2023 SS

「Unbirthday Party Dress」をコンセプトとしていて、365日中の364日が誕生日のように気分が上がり、一歩を踏み出せるようなブランドである。 ピシッと背筋が伸びるようなドレスではなく、着用することで自分に戻れて新しいことに挑戦したくなるような自由さを感じられる洋服を提案しており、レースやギャザー、生地の分量感を駆使したユニークなシルエットのウェアが特徴的。     コレクションのインスピレーションは、毎日の暮らしで感じる気分や違和感。 日常で生きていて感じる窮屈さやこうだったらいいのにと思う願望がその世界に反映され、それがそのままHOUGAの世界となり、その世界の物語からコレクションが生まれている。

press to zoom