『AFRO PUNK 2017 DAY 1』 写真集

 

Photographs of fashion people with afro-punk style! Valuable photographs with powerful impact that will last forever!

 

AUG 26, 2017

In Brooklyn where one of the biggest music festivals held in 2017, punk rock kids who admire afro-punk from worldwide came across.

Besides Brooklyn neighborhoods, people from Amsterdam, Paris, and Carib visited Brooklyn just for the festival, which made them even more fashionable.

Not only tribal face paintings or body paintings but live painting by artists were all eye-catching.

 

人気のアフロパンクのお洒落な人たちのスナップを撮影!パンチが効いた見ごたえのある写真集になっているので、永久保存版間違いなし!

 

2017 AUG 26

今年も例年に引き続き、ますます人気のブルックリン最大ミュージックイベントとして、アフロパンクを意識したお洒落なパンクキッズが世界中から集まった。

おなじみブルックリン出身のメンツはもちろんのこと、アムステルダム、パリ、カリブからこの日のためだけに来ている人が急上昇。

だから気合いの入れ方が全く違う!

トライバルを意識したフェイスペインティングやボディーペインティングが人気で、アーティストによるライブペインティングなども魅力。

今回は、エクステンションやヘアーラップの実演なども行われ、会場で楽しめる出店も多く見られた。

 

*Detail

- 88 page

- Digital book will be sent as pdf file.

- Brooklyn, NY

- 2017

 

⭕️Mari J Brooklyn NYC BIO 

 

Photographer / Writer / Creative Director

 

Debut in New York as a street photographer. Worked with hiphop artists such as Joey Badass, Travis Scott and Reggae artists such as CHRONIXX for their magazine cover as a creative director.

Currently as a chief editor of TOKYO + NEWYORK MAGAZINE, an online magazine introducing sub-cultures in New York and Tokyo regarding to black music artists, artworks and fashion shows.

 

フォトグラファー/ライター/クリエイティブディレクター

 

ストリートフォトグラファーとして、ニューヨークでデビュー。その後、Joey Badass や Travis Scott などのヒップホップアーティストやCHRONIXX などのレゲエアーティストも雑誌の表紙など手がけ、クリエイティブディレクターとして活動。

 

現在、ブラックミュージック、アート、ファッションなど、ニューヨークと東京のサブカルをフューチャーしたオンラインマガジンTOKYO +NEWYORK MAGAZINE 編集長

 

www.tonymagazines.com 

『AFRO PUNK 2017』 DAY 1

$30.00Price